わたしのセルフケアの方法

なんか調子良くない、なんかイライラするな〜etc...不調を感じた時に私がしているケアをご紹介しています

セルフケアのツールは何でもOK


f:id:gokigensam:20210831230647j:image

【たとえばお白湯を飲むのもセルフケア】

 

皆さんこんにちは。サムです

突然ですが、皆さまどんなケアをされていますか?

 

スキンケア、ボディケア、ヘアケアなど美容面での話題には事欠かない時代ですが、メンタルや体調のケアはこまめにされていますでしょうか。 

 

私は不調を感じながらも、心身からのサインをスルーしてしまい無理を続けてしまった結果、体を壊してしまった過去があります。その経験から学び心がけていることがあります

 

不調を感じた時に放っておかないで、自分が少しでも楽になれることをやってみという事です。そしてその際、手軽なやり方を採用する事をオススメします。

 

私がこのブログに書いていることは、皆さん既に取り入れられていたり、簡単すぎて『なんだ~つまらない』と思われるかもしれません。

 

しかし実はそういったシンプルで簡単なことを、意外と日常的に取り入れられていなかったりしませんか?

 

私は、当たり前でしょ~わかってるよ~と思ってる事を全く生活に取り入れられていない事に、はたと気がつきました。知ってるし分かってるけど実践せず…です。

 

例えば、今の時期。ずっと冷房の効いた部屋の中で過ごしているとかなり体は芯から冷えています。

また冷えによって、自律神経が乱れるとも言われていますよね。

(ちなみに私は冷房の風が頭部に直撃するデスクで働いており、毎日頭痛と首痛、だるさが酷く大変でした。今では風向きを上手く変えてもらって、足元直撃になりました。頭部よりは数倍良いと思いながら毎日働いています。)

 

夜、お風呂で湯船に浸かったとき、『あ~~。やっぱり体冷えてるな~』って1日の終わりにはっきりと実感するんです。夏でも湯船に浸かるというのも大切で、どこの冷え特集でも言われている事だと思いますが、さらに手軽なこともあります。

 

 お白湯を飲む

これは最も手早くお風呂に浸かった時のあの「冷えてるな~」の感覚を味わう事ができます。胃に染みわたります。お白湯でなくとも温かい飲み物であれば良いと思いますが、私は日常的にはお白湯を飲む様にしています。

 

会社にも自分の水筒にお白湯を入れて持って出社します。いつでも温かいお白湯を飲めるので、冷えを感じた時すぐに対応できるし、冷たい飲み物を飲む合間にお白湯を挟むことで、胃が冷えるのを抑えられます。

一気に飲みきらず、こまめに少しずつ飲みます

最近の保温ボトルの性能は大変良く、温度は徐々に下がりますが仕事終わりまで温かいです。お白湯は何も混ざっていないのでより一層冷めづらいです。

一気に飲むより気づいた時にちょこちょこ飲む方が、定期的に胃が温められて良い様に思います。

 

私はアイスクリームが好きなので真夏はよく食べるし、冷たい麦茶も沢山飲みます。

そうめんや冷やし中華も夏ならではの食卓登場回数でよく食べます。

そうして胃が冷えるのを放置していて、食欲が低下して夏バテになってしまう事が何度かありました。

今ではお白湯を真夏でも積極的に摂る様にしています。

それからは胃腸の不調とか食欲低下とか、そういった不調が起こりづらくなりました。

 

簡単に暮らしに取り入れる

大層な事をしなくても、簡単な事で早め早めにケアしていくこと。私が心がけているセルフケアの方法です。

調子が悪くなり医療が必要な時は迷わず病院に行きますが、そうなる前にセルフケアすることで避けられる事もあるんだと過去の経験から知りました。

皆さまにも何か1つでもお伝えできたらいいなと思っています。

 

読書、音楽、映画、YouTubeを視聴する、スポーツ、料理、はたまた何か書く作業や作る作業、誰かとコミュニケーションをとる。とにかく寝る。など他にも色んな方法がありますよね。

 

『よし、やるぞ!』と決心しなくたって、『自然にできちゃう&まぁまぁ楽しいんだよね』っていう事がポイントだと思っています。

 

このブログでは、私が毎日の暮らしの中で不調を感じた際に、実際に自然と取り入れている方法をお届けしていきます。

 

お白湯はすぐにでもできるケアですが、他にもアロマテラピーやハーブ、オーガニックコスメ、ヨガ、カラーセラピーやマナカード、おばあちゃんの知恵等も積極的に取り入れています。

誰もが自然に取り入れ・・・にくいツールもありますが、「こんなものもあるのか」とか「この人はこうやってるのか」という感じで見て頂けたらと思います。

 

次回から、実際に私が体験した不調、シチュエーション別にケア方法も書いていきます。

ごく一般の会社員である私の個人的なセルフケアなので、数多あるケアのひとつとして読んで頂ければ幸いです。

そして皆さまにも自分なりのセルフケアを発見して、暮らしの中に取り入れて頂けたらと思います。

また、オススメの方法がありましたら、是非教えて頂きたいです。

 

 

最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

皆さま、残暑が続いていますがお身体大切になさってください。

またよろしければ遊びにいらしてくださいね。

サム